訳さなくていい・訳せない日本語

もっと最初に言うべきだったかも知れませんね。

英語(に限らず他国の言語)を学習していく上で、一つ覚えておかないといけないこと。

「なんでもかんでも、英語にできると思うな。」

つまり、日本人の多くの方は、「これ英語でなんて言うんだろうなあ?」って、いつも考えますよね。英語を一生懸命学ぼうと思っている人ほど、そういう気持ちが常に湧いてくることでしょう。それは健全なことではありますが、、、

もともとそういう文化・習慣がない英語圏の人に同じことを表現しようとするのが、無理な話なんです。

このサイトでも「いただきます。」をなんて言えばいいのか、紹介しましたが、英語では全く同じ表現は無いというのを、まず頭にいれておいて欲しいのです。(また逆に、「乾杯」や「恋愛」などという単語は世界中どこにいってもありますね。要は生命、即ちどの民族であろうとも、「種の保存」に関係するような言葉は、どんな民族でも同様の表現手段があるということになるんでしょうか? 私は民族学者じゃないので分りませんが。)

まず、「全ての日本語に対応する英語があるわけではない。」 ということを念頭において、このサイトをご覧戴ける様お願いします。

わざわざ「いただきます」の便宜的な英訳を紹介したのは、結構役に立つとおもったからです。

アメリカでも幾度も経験しましたが、現地人、あ、つまりアメリカ人と我々日本人がDinnerに行くのは、もう仕事の一部みたいなもので、日本から出張者などが来ると、現地メーカーのアメリカ人にとっては大事なCustomerになるので、ほんとおいしいレストラン、有名な高いレストラン、日本雑誌に取り上げられる人気のレストランなどに連れて行ってくれるんです。(この頃のせいで、私はオデブになってしまいました。)

そんな場で、日本人がかましてくれるのが「いただきます」なんです。

すかさず外人(あ、現地アメリカ人のことです)が、「え、今なんていったの???」と・・・私は日本の習慣の説明を簡単にします。

また、私が最初の音頭をとる時もありまして、その時は最初から

"Bon apetite !"

今度は日本人が「え、なんですか?」

「もう、ええから食え!」














広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。