"Free smoking" と "Smoke-free" の違い!


いまやもうすっかり肩身が狭くなってしまった「喫煙者」(^^;)

ヨーロッパが火付け役と言ったところだったでしょうか。
アメリカでも近距離国内線がまず禁煙になり、次に東西海岸地区をむすぶ長距離線が次に、そして国際線にも禁煙が義務付けられました。

並行してだんだんとOfficeでも禁煙になり、いまやビルごと完全に禁煙にしている所もかなりの(ほとんど???)数です。氷点下10度以下の極寒のマンハッタンでタバコを吸うために、わざわざ吹きさらしのビルの外へ出てくる人も結構出会いました。意外に女性も結構いましたね。タイミングは少し遅れて日本でも同様の措置が取られました。

Free smoking と言うと「自由にタバコを吸ってもいい」ということですが、


Smoke free と言えば 「禁煙」 のことなんですよ。


Smoking free と言う事もありますが、一般的に使われるのは Smoke free ですね。 Smoke-free と間にハイフン(英語ではどういうわけか Dash といいますが)を入れることもあります。

Free の位置が違うだけで、全く逆の意味になってしまうんですね。

Smoke(煙)から Freeである。⇒タバコの煙が無いこと

⇒ 禁煙 (禁煙すること)

ということでしょう。


New York では大きなレストランなどでは、禁煙席が設けられている所もありますが、それも紙巻タバコのみで、葉巻やパイプなども臭いが強いタバコは禁止されているところが多いです。逆にCigar Bar などが新たに出てきていますね。タバコは健康に悪いがCigarはファッションですか???それもおかしいですね。肺がん発生率はパイプタバコなどの方が紙巻より低いそうですが、逆に舌ガンになりやすいらしいです。

飛行機内に禁煙席が設けられた当初、普通飛行機のどこのシートから喫煙席というふうに前後に分けられていました。まあ、当然ですが・・・  中国の飛行機だけは、なんと通路をはさんで左右に禁煙・喫煙席があったんですよ。(意味ないじゃん) 


うーーーん! さすがは中国、おそるべし!!!


今はさすがに改善されて、他のエアラインと同じ分け方になっていると思いましたが。

今でも中国はまだまだタバコはどこでも吸ってOKみたいですが、だんだんと禁煙運動が広がっていくんでしょうねえ。






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。